GraphQL Tokyo Meetup #5 でセッションオーナーをやった

www.meetup.com

前回の #4 がいけなかったのでリベンジ。 f:id:rnitame:20180327124739p:plain

セッションの内容

  • Apollo のライブラリを使って GraphQL をプロダクション投入したけれど、キャッシュとかテストの良い書き方が見つからないのでその辺の話 /w @bird_tummy

apollo-android, apollo-ios, @nuxtjs/apollo など使っているけれど、パフォーマンス面の向上(それこそキャッシュを使ったり)とかテストの書き方は従来のアプリと同じで良いのか?というお話。 また、Android / iOS に関してはなかなかサンプルとなる実装やそもそもプロダクションに投入している事例が少ない(ように感じる)。React 等でもそういった時期があったはずだが、その時どういったスタンスで実装していたかを聞きたかった。

セッションの導入として YAPC::Okinawa で発表した資料を使った

speakerdeck.com

議論できた内容

  1. テストのお話。もう少し噛み砕いてからまとめたいが、サーバとクライアントそれぞれがテストで担保する範囲を決める方法で一つの解は見えた。本業で導入してみたい
  2. キャッシュは一旦ライブラリにまかせる。CACHE_ONLY 等 apollo でサポートしてくれているものを使う

議論できなかった内容など

  • 事例が少ない時代のスタンス
  • apollo などのライブラリにロックインされてしまう現状と自前実装するしないの判断について
    • 少し joe_re さんとお話できたがもっといろんな方の話を聞きたい

まとめ

初心者向けセッションで学んでから次のセッションで実用寄りの話に行く、という流れができていて初心者でも大丈夫な環境があるのがとても良かった。

あと、この 2 つが完全に同意する話 😂

初めてのオープンスペース形式だったけど、普段の勉強会と違って特定の技術を中心とした議論が高いレベルでできたので新鮮で楽しかった! ありがとうございました&お疲れ様でした!次回も参加します!

余談

meetup.com、こういう文言がこだわっててとても好き。イベント終了後のアンケートもあったけどスクショ撮るの忘れてた ・ω・