iTerm2 から Hyper に乗り換えた

2〜3 年くらい前に iTerm2 + tmux + zsh の環境を整えたのだけど、あまり tmux の機能を最近使っていない事に気づいた。

また、hyper-pokemon がめちゃめちゃかわいくて Hyper を使いたかったのだが、調べてみると iTerm2 で重宝していた機能を Hyper でも使えることがわかったので乗り換えた。

iTerm2 の使い方

自分がいじった箇所は HotKey を Ctrl x 2 に設定、透明度、フォント、の 3 つ。 複数 Desktop を行き来していても、HotKey を押すと必ず自分がいる画面に出てきてくれるのが便利だった。

Hyper の使い方

設定ファイルを雑に晒してみる

// Future versions of Hyper may add additional config options,
// which will not automatically be merged into this file.
// See https://hyper.is#cfg for all currently supported options.

module.exports = {
  config: {
    // choose either `'stable'` for receiving highly polished,
    // or `'canary'` for less polished but more frequent updates
    updateChannel: 'stable',

    // default font size in pixels for all tabs
    fontSize: 14,

    // font family with optional fallbacks
    fontFamily: '"Source Han Code JP"',

    // default font weight: 'normal' or 'bold'
    fontWeight: 'normal',

    // font weight for bold characters: 'normal' or 'bold'
    fontWeightBold: 'bold',

    // terminal cursor background color and opacity (hex, rgb, hsl, hsv, hwb or cmyk)
    cursorColor: 'rgba(248,28,229,0.8)',

    // terminal text color under BLOCK cursor
    cursorAccentColor: '#fff',

    // `'BEAM'` for |, `'UNDERLINE'` for _, `'BLOCK'` for █
    cursorShape: 'BLOCK',

    // set to `true` (without backticks and without quotes) for blinking cursor
    cursorBlink: true,

    // color of the text
    foregroundColor: '#fff',

    // terminal background color
    // opacity is only supported on macOS
    backgroundColor: '#000',

    // terminal selection color
    selectionColor: 'rgba(248,28,229,0.3)',

    // border color (window, tabs)
    borderColor: '#333',

    // custom CSS to embed in the main window
    css: '',

    // custom CSS to embed in the terminal window
    termCSS: '',

    // if you're using a Linux setup which show native menus, set to false
    // default: `true` on Linux, `true` on Windows, ignored on macOS
    showHamburgerMenu: '',

    // set to `false` (without backticks and without quotes) if you want to hide the minimize, maximize and close buttons
    // additionally, set to `'left'` if you want them on the left, like in Ubuntu
    // default: `true` (without backticks and without quotes) on Windows and Linux, ignored on macOS
    showWindowControls: '',

    // custom padding (CSS format, i.e.: `top right bottom left`)
    padding: '12px 14px',

    // the full list. if you're going to provide the full color palette,
    // including the 6 x 6 color cubes and the grayscale map, just provide
    // an array here instead of a color map object
    colors: {
      black: '#000000',
      red: '#C51E14',
      green: '#1DC121',
      yellow: '#C7C329',
      blue: '#0A2FC4',
      magenta: '#C839C5',
      cyan: '#20C5C6',
      white: '#C7C7C7',
      lightBlack: '#686868',
      lightRed: '#FD6F6B',
      lightGreen: '#67F86F',
      lightYellow: '#FFFA72',
      lightBlue: '#6A76FB',
      lightMagenta: '#FD7CFC',
      lightCyan: '#68FDFE',
      lightWhite: '#FFFFFF',
    },
    pokemon: ['Poliwhirl'],
    unibody: 'true',
    poketab: 'true',
    opacity: 0.9,
    summon: {
      hideDock: true,
      hideOnBlur: true,
      hotkey: 'Ctrl+T'
    },

    // the shell to run when spawning a new session (i.e. /usr/local/bin/fish)
    // if left empty, your system's login shell will be used by default
    //
    // Windows
    // - Make sure to use a full path if the binary name doesn't work
    // - Remove `--login` in shellArgs
    //
    // Bash on Windows
    // - Example: `C:\\Windows\\System32\\bash.exe`
    //
    // PowerShell on Windows
    // - Example: `C:\\WINDOWS\\System32\\WindowsPowerShell\\v1.0\\powershell.exe`
    shell: '',

    // for setting shell arguments (i.e. for using interactive shellArgs: `['-i']`)
    // by default `['--login']` will be used
    shellArgs: ['--login'],

    // for environment variables
    env: {},

    // set to `false` for no bell
    bell: 'SOUND',

    // if `true` (without backticks and without quotes), selected text will automatically be copied to the clipboard
    copyOnSelect: true,

    // if `true` (without backticks and without quotes), hyper will be set as the default protocol client for SSH
    defaultSSHApp: true,

    // if `true` (without backticks and without quotes), on right click selected text will be copied or pasted if no
    // selection is present (`true` by default on Windows and disables the context menu feature)
    // quickEdit: true,

    // URL to custom bell
    // bellSoundURL: 'http://example.com/bell.mp3',

    // for advanced config flags please refer to https://hyper.is/#cfg
  },  

  // a list of plugins to fetch and install from npm
  // format: [@org/]project[#version]
  // examples:
  //   `hyperpower`
  //   `@company/project`
  //   `project#1.0.1`
  plugins: [
    'hyper-statusline',
    'hyper-tab-icons-plus',
    'hyper-pokemon',
    'hyper-opacity',
    'hyperlinks',
    'hyperterm-summon'
  ],

  // in development, you can create a directory under
  // `~/.hyper_plugins/local/` and include it here
  // to load it and avoid it being `npm install`ed
  localPlugins: [],

  keymaps: {
    // Example
    // 'window:devtools': 'cmd+alt+o',
  },
};

フォントとプラグイン以外は全部デフォルト。このファイルを適用すると以下のようになる。

f:id:rnitame:20181217145418p:plain
ニョロゾかわいい

プラグインの紹介

hyper-statusline

最下部に今いるディレクトリ名や Git のブランチ名を出してくれる。今まで zsh の設定を書いてプロンプトに表示していたが、それもいらなくなった。

(2018/12/18 追記)

www.npmjs.com

こちらのモジュールを使うと、behind マークも表示される。ただモジュール名がかぶっているため、localPlugin として使う必要がある

hyper-tab-icons-plus

タブのアイコンが自動的に変わる。zsh の場合、以下を記述するとタイトルも自動で変わってくれる。

precmd() {
   pwd=$(pwd)
   cwd=${pwd##*/}
   print -Pn "\e]0;$cwd\a"
}
 
preexec() {
   printf "\033]0;%s\a" "${1%% *} | $cwd"
}

hyper-pokemon

かわいい。今はニョロゾにしているが、起動時に全ポケモンの中からランダムで設定してくれたり、ジムリーダーがもっているポケモンの中からランダムに設定してくれたりするので、気分によって変えられる。良い。

hyper-opacity

ターミナルの透明度を設定できる。少し見づらいのでなくすかもしれない。(でも透明度はできればつけたい…)

hyperlinks

ターミナル上のリンクに遷移できる。 GitHub 上のブランチに初めて push したときに、プルリク作るためのリンクが出てくれるようになったので、これでクリックするだけで画面に飛べるようになる。便利。

hyperterm-summon

顧客(自分)が欲しかったもの!!HotKey を指定してウィンドウの表示/非表示をコントロールできる。Hyper がないデスクトップ上にいても、HotKey を押せばそのデスクトップまで行って表示してくれる。超便利。

自分は HotKey を Ctrl + T にしたが、他とかぶったりしたらまた考える。

まとめ

HotKey が同じキーの連続にできないようなので、そこが残念ではあるもの、ポケモンに癒やされつつ仕事ができるのでだいぶ捗っている。 Hyper にも Awesome リポジトリがあるので、他にも使えそうなものがあれば入れていきたい。

github.com